ファスティングとビワの葉動灸温熱療法

先週末 酵素ドリンクを使用して

三日間のファスティングをはじめました

毎年恒例になっているファスティング

内臓を休めて 血液をキレイにする

健康増進には欠かせないルーチンです

私がやるファスティングは1日3回〜5回の

酵素ドリンク飲用

さらに朝昼夜に3回

ビワの葉動灸温熱療法を併用します

手足の動灸を行い

鼠蹊部、腋窩のリンパ節を置灸

そこから背部の督脈に透灸

脇の帯脈から大絡まで動灸

最後は腹部を中心に透灸して 血液を内臓に

循環させます

最後に任脈を上がり

胸骨から鎖骨にかけて動灸をして

リンパを流します

ファスティングとビワの葉動灸温熱療法は

相性がよく

ファスティングで 休息した内臓

そこに動灸温熱療法をすることで

キレイになった血液を全身に巡らす事が

できます

またビワの葉エキスに配合する

複合ポリフェノールは血管の柔軟性を高め

血管吻合を作成し 末端血液の循環まで

よくします

ファスティング開始時は動灸温熱療法を

するとすぐに眠くなり

カラダをリラックスさせ ストレスから

解放します

またカラダが慣れてくると

眠気よりも 頭が冴えてきて

疲れがなくなり 集中力も高まります

私のクライアントにも

ファスティングをオススメしており

三日間で体重が3キロ落ちた‼️

血圧が安定した‼️

カラダの痛みやシビレがなくなった‼️

結果出ています

酵素ドリンクを飲みながらできるので

それほどつらくはありません

またサロンに通ってくる方は

毎日ビワの葉動灸温熱療法を受けられます

健康を高めるために

オススメしています

興味のある方はお気軽にご相談ください。

11月23日ツボ健康法オンライン講座開催

11月23日(祝日)に
ツボを使って健康を予防する方法を学ぶ勉強会を
オンラインで講座を開催します

「ツボペンシル」「王不留行シール」「火の出ないお灸」
を使用してセルフケアをします

また皆様が 悩んでいる 相談の多い病気や不定愁訴の
予防をするためのツボを教えます

ぜひ興味のある方はお気軽にご参加ください

11月23日(水)10時〜12時
参加費:3800円
参加特典:ツボペンシル、王不留行シール、火の出ないお灸を
プレゼントします!

参加申込:ご予約フォーム→

腎が弱っている時には温めるのはダメ?有効?

先日 青森県内で鍼灸院を開業している方が
動灸温熱療法のエキスパートコースを受講
されました

技術研修の時に
先生が所属されている会では
「腎」が弱っている時には
温めると「陰液」をやいてしまうので
良くない

と教わっている

どうです?

質問を受けました

もちろん東洋医学では
「腎」は陰の本なので
温熱を加える事で

陰の要素が落ちてしまうという
理論が成り立つのもうなづけます

しかし臨床の現場では
実際の腎を温補する事で
体調がすこぶる良くなった方も
たくさんいます

当院には現在「腎不全」「透析患者」さんが
来ていますが

積極的 体の温熱を入れる時もあります

例えば「湧泉」は腎経絡の井穴
いわばエネルギーが発散される部分です
ここを温める事で元気が倍増し

体が元気になります

また「命門」などは「腎を強化するツボ」

として有名です。

ここを温める事で、体の疲れが緩和したり
むくみなどにも良い反応が起こります

また最近私がよくやるのが
「京門」(腎の募穴)に動灸器を当て

左右に揺らす 上下に揺らす
「揺灸」(きょうきゅう)がおすすめです

IMG-6599

孫絡や大絡の理論を使用し
そこを走る経絡(おもに胆経絡)を
またぐように交互に刺激します

前後の脈略(督脈、任脈)と合わせて
使用する事で臓腑や陰陽のバランスを整えます

また腎の陰液が不足して起こる
虚熱症状の代表が「五心煩熱」です。

手足のほてり 顔を中心に熱が起こります

こうした方には「瀉」法を主に使って
熱を取り去るのが有効だとされていますが

動灸器であえて手足の火照り部分を温める方法を
したケースもあります

先ほどの「湧泉」と「労宮」(手のひらのツボ)
を使用して、症状がピタッと治ったケースも
あります

 

虚熱なので、真熱を加えて
体の陰陽のバランスを整える効果が有効な
場合もあるのです。

プロの先生が最近は良くセミナー受講できます

私自身も勉強になることが
いっぱいあるので嬉しいです

ぜひ上級コースの実技編は
札幌までお越しください

 

お知らせ

残り4名で定員になります!
10月11日 10時〜12時

オンライン講座
【ビワの葉温灸健康法&ツボ療法】

日本最古の民間療法ビワの葉健康法
その効果とやり方を学んでもらいます

昨年1年間でも主要な大学でも研究され
その効果が話題を呼んでいます

鹿児島大学、長崎大学
岡山大学、高知大学

抗がん作用や糖尿病に著効があることが
証明されました!

そうした最新情報も紹介します

これまでわかっているビワの薬効は

・抗がん作用
・血液浄化作用
・鎮痛作用
・抗菌作用

ビワの葉は
葉のみでなく、種。エキス。など余すことなく
健康法として応用が可能です

「ビワの葉健康法」
・お茶として飲む
・入浴するときに入れる
・葉を患部に貼る
・エキス(葉をアルコール抽出)を使う

それらを使うことで ご家族の健康予防増進に
効果があります。

ぜひ皆様もその効果を体験してみませんか?

当院でも23年前からビワの葉温灸療法を
施術に導入しており、難治の病気で悩む多くの
方を救ってきました。

毎年秋になると その年の新葉が手に入ります
この葉をみなさんに進展します。
そしてその葉を使って様々な方法で
不調を快方して頂きたいと思っています。

今年も勉強会を開催します=
お友達、ご家族みなさんでご参加頂きたいと
思います。

今回はさらに新しい内容として
ツボ健康法もご紹介します

自宅で病気を予防するツボの押し方
足首や手首周辺にあるツボを押すと
関節や筋肉の動きが一瞬で良くなります

何度かご参加して頂いている方にも
満足いただける内容になっています

この機会にお友達、ご家族と一緒に
ご参加してください

ご予約お待ちしております

【当日の内容】
・ビワの葉療法の歴史
・ビワの葉成分
・ビワの葉健康法4大特徴
・病気に対する科学的データー
・ビワの葉健康法の使い方
・ビワの葉温灸を体験してみよう
・ツボ健康法
・近眼、老眼、眼精疲労を予防する方法
・アレルギー性鼻炎、アトピーの予防法
・内臓の不調を快方するビワの葉お腹温灸法
・肩こり、腰痛、ひざ痛予防法
・質疑応答

ビワの葉講座セミナー動画

今回講座参加者に
特別なプレゼントをご用意しております

総額6千円分
・ビワエキス
・ビワの葉
・ビワ茶

限定20名です お早めにご予約どうぞ!

セミナー申し込み→

10月10日ビワの葉健康法&症状別ツボセルフケア勉強会開催

毎年一般向けに開催しています
「ビワの葉健康法」講座

本年度も10月10日開催します

昨年に引き続きオンラインでの開催になります

全国からご参加いただけるので
楽しみにしている方にとっては朗報です

当日はビワの葉健康法の他に
症状別のツボセルフケアについても
レクチャーしたいと考えています

肩こりや腰痛。子供の成長痛や眼精疲労など
皆様から事前に伺った悩みの多い症状について
解説します

ぜひご参加お待ちしております

「内容」

・ビワの葉療法の歴史
・ビワの葉健康成分
・ビワの葉最新科学データー
・ビワの葉健康法
・ツボ療法セルフケア
▲ 肩こり
▲腰痛
▲風邪予防
▲アレルギー
▲眼精疲労
▲冷え、むくみ

など

申込みフォーム→

 

足のむくみに「金門」穴

北海道も連日夏日が続いております

来週は関東に出張で行きますが
連日35度の酷暑

体調管理は大丈夫でしょうか?

頭がボォーとする時や
体調が優れない時には
長時間の温灸は逆効果です

自分の体と相談して
セラピーをするかどうか決めてください

気温が高い日には

全身の動灸をする代わりに
手足のツボを短時間で刺激する
やり方が有効です。

手のひらの「労宮」

足裏の「湧泉」「失眠」

ビワエキスシートを貼って
汗腺が集中する部分からエキスを吸収させます

また湿気が多いと
手足のむくみが起こる方がいます

特に女性に多いでしょうか?

そんな時にオススメなのが
足の外側にある「金門」穴です

この場所は膀胱経の郄穴です。

急性の症状に有効なツボです
「膀胱炎」や「尿道結石」などの
痛みにもオススメのツボです。

「金門」穴は 陽維脈の始まりでもあります
諸陽の会に起こり、足から頭までの
陽経を繋ぎます。

エネルギーの道筋でもあります

この部分を刺激すると
頭部がスッキリしたり
風邪の予防にも有効です。

また膀胱が元気になり
身体の中に溜まった余分な水分を体外に放出するので
足のむくみがたちどころに良くなります

ぜひ 夏の体調管理にもお使いください

40代女性 乳がんで悩む方の体験談

私の院で「ビワの葉動灸療法」を受けていた方が
素晴らしい体験をされましたのでご紹介します

症状は乳がん

左の胸外側に3箇所の腫瘍が見つかり
早期に手術をすることを勧められていました


次回病院検査まで2週間

何かできる事はないか?

ネットで検索して
こちらのHPにたどり着きました

幸い自宅からも近かったので
すぐに院まで来てくれました

症状を伺い
本人も代替療法との併用をご希望されていたので
ビワの葉動灸温熱療法を行う事に
しました

乳がんの最も発生頻度が多いのは
外側上方になります

腋窩リンパ節が一つの鍵になります


まずは全身の動灸療法を行います
この場合リンパの流れを意識して

特にリンパ節の周りは円を描くように
円動灸を行います。


そしていくつかのポイントがありますが

一つ目は体の中心を流れる任脈の流注
を促進させます。

内臓機能の疾患にはお臍周りの置灸。
神闕(臍の穴)の透熱灸

そこからみぞおちまで上がり
胸骨を下から上
もしくは上から下
(クライアントに聞きながら 
気持ち良い方に動かす)

そしてその宗気
胸骨(胸の中心)から
放射上に胸の付け根(腋窩リンパ節)
に向かって流します。

ポイント)この場合は 腫瘍がない側も行う事

そして首筋にある鎖骨上リンパ周辺(胸鎖乳突筋)の動灸

それが終わったら 左の鎖骨下にある胸腺を刺激します
肩に向かって 3箇所(透熱灸)を何回か繰り返します

 

そして患部周辺の透熱灸と
円動灸
(右回し、左回しを交互に行う ※上級講座レベル)

そのまま患部を上にして横向きになってもらいます

今度は腕と脇から腋窩を
動灸します。

上から下。下から上。どちらが心地よい方向か
クライアントに聞いて行いましょう

腕を行う場合は 大腸、肺の経絡を使い
親指側を中心に行います

相談に来た女性は左側に腫瘍があったので
左側を行いましたが

もし右に腫瘍がある場合は
右も 左も行う(※リンパがあるため)

そして最後は
肩甲骨の中心にある天宗のツボ
を使用します

最初に円動灸を行い
次に透熱灸を行います。

最初だけ透熱灸の周りを囲むように
浮刺の鍼をしました

もし動灸器を2台持っている方は

前方からと後方から挟むように
して温めるとより効果的です。

1回目の施術後
体がほてり 体温の上昇を感じました

その後 2週間で4回施術を行い

病院で検査を受けたところ
腫瘍が2つに減り
位置も移動していました

確実に動灸温熱療法の効果が
あらわれています。


その後は 動灸温熱器を購入して
自宅で毎日続けてもらう事にしました

朝夜 パートのお仕事をしながらでしたが
時間を見つけて毎日継続

それから4ヶ月後
結局手術をしないでも
よくなり 腫瘍は完全に消えました

本人もとても喜んでいただき
ご家族からも感謝されました

私もこのセラピーを初めて20年以上になりますが
乳がんや肺がんなど 初期の段階でセラピーを
始めた方が 回復する確率はとても高いようです

ビワの葉動灸温熱療法と相性がよいと感じています。

スマホ老眼が改善した30代女性の体験談

 

現代人の多くの方がスマホや携帯電話を使用しています

若い人を中心に
携帯画面を見ている時間が激増しており

それに比例して
目の健康トラブルも増えています

日本人は世界有数の近眼率を誇ります

10代で視力が1.0未満の子供は
将来 目の病気になる確率が大幅にアップします

ニュースや情報番組でも特集されています
「スマホ老眼」

若い人にも広がります

ピントの調整がうまくいかず

近くと遠くの 視界がぼやけたりします

顔の近くでスマホ画面を眺め続け
ブルーライトを浴びていると

目の神経が疲労を起こし
その結果 ピント調整に関連する
筋肉の反応が悪くなります

ビワの葉動灸温熱療法は
「視力改善」や「眼精疲労」の
体験談が数多くあります

ビワの葉エキスに含まれる
「複合ポリフェノール」
目の血管や細胞の酸化を防ぎます

また温熱を加える事で
目の血流が改善され
筋肉や神経が元気になります

当院に来ている30代の女性は
4ヶ月前から「スマホ老眼」のトラブルが発生し

目のピントが合わない・・・!
悩んでいました

眼科医に相談しても
「スマホを見る時間を減らし」
「目薬を点すようにする」

といったアドバイスしかありませんでした

当院には友人の紹介で来ました

目の健康を回復させるための温灸は
「首」周辺のツボを透灸
「手足」の経絡を刺激する動灸

そして目の周辺のツボをビワエキスを使用して
温めます。

最初の施術後
視界がクリアになり 目が明るくなった
喜んでいました

その後2週間おきに通い
1ヶ月が経過した頃から

疲れ目のコンディションが良くなり
とても快適に生活できるようになりました

毎日自宅に帰ってからも
自分で市販のホットパックを使用して
「目の温活」を行います

最初に施術を受けてから3ヶ月が経過
現在では「スマホ老眼」の不調は起こりませんでした。

女性が気に入ってツボ

肝経 太衝

胆経 光明

脾経 太白

任脈を使って内臓力を高める

週末は札幌でベーシック講座開催しました。 
  
6月も開催します。お楽しみに!

最近は 内臓機能が悪く 
重い病気を抱えた方の相談が増えています。

私の治療院では内臓を元気にするために
手足にある原穴とお腹に集まる募穴をつかいます。

臓腑はそれぞれ陰陽に大別され        
腑は管なのでつまりを通す事で
内臓の働きが改善されていきます。

胃腸、胆嚢、小腸、大腸、膀胱、三焦 
全てつまりを良くするために 
募穴と下合穴を組み合わせ施術します。


温熱療法を使って施術する場合は

手足の原穴や下合穴に透灸を行います

その後 手足の経絡に沿って 
動灸療法します

この場合 経絡治療では 
補瀉をみますが

経絡の流れの向きに沿って撫でるのが補     
この場合は内臓を主に滋養する際に使います

反対に経絡の流れに逆らって撫でる場合は瀉   
この場合は内臓のつまりや逆気
(吐き気や呑酸。漏れや下痢など)で使います。

最初はなかなか判断できない場合は       
受けている人に聴いてみるのが1番確実です。

どちらに動かした時が気持ちいいのか? 
聴くと間違いありません。

次に募穴を透灸します。 
新温灸器であれば【40】 
バイブレーションモード(ー)で熱を身体の中まで通します。
 (※洋服の上から行う際には【60】でも可)


これで終わりではありません。 
臓腑の病はカラダの中心を走る
任脈がバックアップしています。

【陰経の海】と呼ばれ 
肝、心、脾、肺、腎の五臓を
調節しています。

また腑は口から始まり肛門、膀胱まで繋がっている管(通り道)
なので、同じく任脈は大事なルートになります。

必ず内臓調節に際しては任脈を使います。

合わせて経絡治療で陰陽のバランスを
整えるためには 

背中側の督脈を先に調節してから
任脈を最後に施術します。

督脈にも各臓腑の兪穴があるので
弱っている経穴に透灸。 

次に動灸か置灸を使い背骨の督
脈を流して気を通します。

最後は任脈。 
任脈では動灸は使いません。   
なるべく短時間で刺激を加えたいので      
置灸【40】or【20】で1秒間隔でズラす

もしくは 洋服を着ている上から行うのであれば
【60】(ー)バイブレーションモードで2振動。

1番下の【中極】から【関元】。 
【気海】から【神闕】。
【中脘】から【巨闕】。      
さらには【膻中】から【天突】まで。

行うと つまりや息苦しさ。嚥下も楽になります。

こうした施術が評判を呼んでいます。 
     
ゴールデンウィークの休みを利用して
遠方からもわざわざ予約していただける方もいます。

是非みなさんもお試しください。

レイノー症で悩む女性が温灸療法で著効が現れる

先月発売のマキノ出版「ゆほびか5月号」
目がよくなる最強ケア!

特集掲載されました!

ビワの葉温熱動灸療法では

目のトラブルに関する体験談が
とても多いです!

先月も視神経炎で悩む高校生が
目の温灸をしてから視界が広がり
見える範囲が広がり喜んでくれました。

特に側頭部のツボに著効が見られました

次のマスター講座でも
そのやり方は伝えていきたいと思います

先月 ご相談に来た20代女性は
肘や手首の痛みを良くしたいという
ご要望でしたが

身体観察をしていると
手足の指先が白くなっており

「レイノー症ですか?」

ご本人に自覚症がありましたが
それが病気だと気づかず生活をしていました

レイノー症とは

Raynaud(レイノー)が1862年に
報告した現象です。

寒さにさらされたり
緊張したりすることで

手や足の指先の細い動脈が発作的に収縮し
血液の流れが悪くなり、手足の指の皮膚の色が蒼白、
暗紫になる現象です。

女性も冬の寒い中を歩いてきたので
冷え性の反応かと思っていましたが

レイノー症は膠原病の主症状にも
なるので注意が必要です。

職業は美容師さんで
まだ若いのに店長を任されており

精神的ストレスも多そうです。

顔もよく見るとディスコイド疹
や蝶形紅斑のようなものが見られ

一度専門機関に見てもらうことを

お勧めしました。

ちょうど肘も痛がっていたので

陽明経のツボで
曲池。合谷を使いました

またそれぞれの指先には
井穴を使い 知熱灸をおこないます

するとレイノー症状は消えて
本人も血流が流れる事を実感してくれます。

その後 膠原病の確定要因が出ましたので

現在は週に2回のペースで
全身の動灸温熱療法を受けて
体質改善をはかっています。

結果は良好で
3週間後にはレイノー症は起こらなくなりました。

これからどう変化するのか楽しみです。

連山温灸で首の痛みを解決

動灸温灸療法を使っている臨床家の方は
全国にたくさんいます

現場で使って効果のあったやり方
新しい方法を 協会まで教えてくれる先生が
います。

和歌山県で鍼灸院を開業する
W先生が使用する
 
首の痛みを解決する
「連山温灸」法を紹介します

頸椎の痛みは刺激が強すぎると
痛みがさらに強くなったり
動きが悪くなったりします

頸椎の治療はデリケートなので
注意が必要です。

W先生も動灸温熱をやる前には
首や肩に針をたくさん打っていました

しかし結果はあまり良くなりませんでした

ある時 中国に研修旅行に行った時
現地の鍼灸師の先生が
足の内、外くるぶし両方から針を刺された時に

ホテル滞在中 合わない枕が原因で
首が回らなかったのが
一瞬で良くなった

体験をしました。


そこからヒントを得て
動灸温熱器を使い
内外のくるぶしを温める療法を
自分の患者にも使用してみました

結果は首の痛みは和らぎ
合わせて肩こりにも効果があったようです

足の内くるぶし側には腎の経絡が流れています
足の外くるぶし側には膀胱の経絡が流れています

2つを同時に刺激する事で
陰陽のバランスが整い
さらには経脈の促通をはかる効果が期待できます


以前 私たちが主催するセミナーでも
足の血行を促進させるために
温灸器2台を使って

挟んで温める方法をご紹介していました

それぞれのくるぶしの後側には
足裏から爪先に繋がる血管や神経が
流れているので

この方法は「冷え性」の方にも
効果がありました

今回 W先生からの報告で
経絡の流れを整える効果もあるようで

この部分を刺激する事で

首の痛みを緩和する方法として
早速使っていきたいと思います

W先生に このやり方へネーミングを
つけてくださいという話をしました

外くるぶしにあるツボが崑崙といい
中国の有名な霊山から由来がつけられて
いるようで

2つの山を抑えるので
連山療法 という名前をいただきました

実際に私も試しましたが
肩こりにもよく効きます

ぜひお試しください

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メール” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”サイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]