札幌東苗穂60代女性ブシャール結節の体験談

ブシャール結節の体験談です。

指の第二関節に生じる変形性関節症です。

男性よりも女性がなりやすい病気

指の関節が腫れたり、変形を起こします。

第一関節部分で見られるヘパーデン結節と同様に

更年期に差し掛かると、女性はエストロゲンホルモン

低下するので、関節包の変形を起こしやすくなります

当院に来られた60代の女性も
最初はリュウマチの痛みだと思い病院を受診しました。

しかしリュウマチや膠原病の反応が一切なく
医師から告げられたのがブシャール結節でした。

ネットや雑誌で情報を手に入れ私の院まで来てくれました。

指の関節への刺激は手技や器具を使用したセラピーを選択しました。

しかしこの症状の背景には

女性のホルモンバランスが関係しているので

それを補うために
足の親指付け根にある 脾経の原穴 【太白】への透灸。
さらに精を司る腎経の原穴【太渓】にも
透灸をしました。

そして背部にあるエネルギーを貯める経穴。

さらにはデルマトームで婦人科臓器につながりがある

腰の上部周辺のツボ
【脾兪】【腎兪】そして血会になる【膈兪】
動灸と透灸の併用。

脇にある【帯脈】に透灸。

そして仰向けになり、気血に関わる
【関元】【血海】

をして体質改善を促します。

最後に指に関わる

【陽池】【合谷】【労宮】【二間】
動灸と透灸の併用。

場所によっては【置灸】で瀉法も入れます

施術後

体がポカポカと温かくなった!言って

とても喜んでくれました。

これから中高年の女性に増える症状です

今後も経過をみながら

さらなる施術法を探っていきたいと思います

札幌生理学講師との意見交換

札幌の医療系専門学校で生理学の講師を
つとめる先生が、治療室に来院されました

先生は当院のセラピーをとても気に入って頂き
喜んでくれました!

またその理論や化学的裏付けについて
アドバイスや意見交換をさせていただきました


動灸温熱療法が優れているのは
鎮痛作用や血行促進作用です。

お灸や温灸の化学的根拠に
温熱刺激を加えた患部で熱を感じる受容器
ポリモダール受容器が発動する事になります

ポリモダール受容器は皮膚存在する感覚受容器で
機械的、感覚的、温熱的刺激に反応します


この受容器は温熱刺激により
特殊なイオンチャンネルが存在し
これが、痛みの発痛物質を抑える
働きをします

また内臓痛にも感覚を有する受容器で
関連痛(内臓の痛みが背中、お腹に波及)
などにも刺激を与えます

さらに45度以上の熱が加わると
痛覚も刺激されます
この刺激が”ひびき”と言われるもので

温灸器などでは60度前後(Hモード)
の熱刺激により

脳に刺激を与え
痛みによる情動作用、自律機能
痛みの制御を働かせる事になります


さらに動灸器の優れているところは
他の温灸器と違い

このポリモダール受容器刺激の他に

器具を動かすことで、皮膚を摩擦するので
もっと太い神経やさらに高度な受容器を刺激
することができます


触圧覚のAβ繊維やAγ繊維と呼ばれるもので
より早く 脳に多くの刺激を加える
ことができます!


つまり熱刺激の効果にプラスして
皮膚の上を動かして施術することで

触圧覚受容器が働き
筋肉や神経のコンディションが
回復するのです

だから痛みの回復にとても反応がよいのです

さらに最近では筋膜への刺激が
疼痛物質の軽減や遠隔刺激の有効性が
海外の論文でも発表されています

私も最初は棒灸から施術をスタート
しましたが

他の温灸器を使ってきたからこそ
動灸温熱療法の良さがわかります!

先生との話はつきませんでしたが
これ以上書くと よりマニアックに
なってしまいますので

この情報はセミナーの方で
伝えていきたいと思います。

ますます動灸温熱療法の可能性を
感じる機会となりました!

新型コロナウィルス対策に免疫力アップ

新型コロナウィルスの影響で外出自粛が続いております
皆さまのお身体の調子はいかがでしょうか?

感染予防のためには 免疫力をアップさせる事が重要です★

カラダを外敵から守るためには
体内をパトロールする免疫細胞の働きを活発にする
必要があります


その中で一番オススメなのは大椎 (だいつい)のツボです

頭を前に曲げると 首の一番隆起する部分です(第7頸椎)

そこを42〜45℃くらいの熱いお湯で3分ほどシャワーを
当てるだけで、血流が良くなり 免疫力アップにも有効です

ぜひやってみてください!

温灸器では大椎・気海・足三里・神闕・百会
オススメです。 ぜひやってみてください

ビワの葉動灸温熱療法で緑内障眼圧が正常化

今月発売のわかさ出版ムック本に
緑内障特集に 体験談 予防法の
取材掲載されました!

緑内障の眼圧調整には
首ねこ背の矯正

そして目の眼圧を下げるために
首回り、頭部のツボを刺激する事で
緑内障の症状が劇的に改善する
方がいますよ=

また動灸を使って、腕と脚の経絡をさすることで
涙の流動が活発化します!

三焦経 膀胱経 小腸経 胆経 が有効です

ぜひ悩んでいる方は
お試しください!

この記事のご質問もお待ちしております

温灸生活を始めてから体温が1度上昇した

新型肺炎ウィルスの脅威が拡大しています
みなさんくれぐれも予防につとめてください

体温を高めることで免疫力は活性化します

まずは手洗いうがいはもちろん
体を温めるようにしましょう


北広島市在住の50代女性Gさんは

膠原病を持病にもつ方でした
自己免疫疾患であるこの症状は

投薬治療以上に
普段の生活習慣が重要です


Gさんから相談を受けたのが
昨年秋

自宅で動灸器を使って
温活生活をスタートしました

手足のツボ
(血海や大衝。湧泉などに透熱灸します)

さらに三陰交(内くるぶしの上)がある
脾経のラインを下から上に擦上します

手は心包経は指先から肘に向けて擦上
三焦経は肘から指先に向けて擦上します

そして腹部は内臓に血液を集めるように
腹膜を意識して 上下左右 回転させ
血行を促進させます

最後は首筋
左鎖骨の下にはリンパ器官が存在します
また心臓から拍動した血管があるので
ここをさすることで全身の血流が
よくなります

また首筋は血圧調整や頭部の血流にも
関係があるので、置灸で短い刺激を伝えます

以上を毎日30分〜40分続けたところ
開始から2ヶ月で体温が1度上昇

体調も楽になり
血液検査の結果も良好

とても喜んでくれています!

 

千歳市20代女性 生理痛が快方

動灸温熱療法を受けて
女性の生理痛が楽になるケースは
とても多いです。

ポイントになる経絡は
脾経肝経

そこを下から上に動かすことで
経絡のバランスが整い
出血や腹部の痛み。倦怠感が
緩和されます

特に三陰交と呼ばれるツボは
女性の病気にとても良いので
オススメです

先日も20代女性Fさんが来院され
生理痛のご相談を受けました

下腹部に刺すような痛みがあり
とても辛そうでした

症状に合わせて 使う経絡や
ツボは変わりますが

約15分のセラピーを受けてもらった後
顔色も良くなり

お腹の痛みも緩和しました

これまで生理痛の時には会社を休んでいたFさん
今後は毎月メンテナンスして
体調管理につとめるそうです!

よかったです