台風が近ずと自律神経が乱れる

天気が悪くなると体調優れない方いませんか?

低気圧が近づいてくると

頭が痛くなるカラダがだるくなる       関節の節々が痛み出す

いわゆる「天気痛」です。

こうした症状は

「気圧」「自律神経」による反応です。

こうした症状を「気象病」と呼びます。

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。

一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。

この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

最近は台風接近に伴い気圧変動が激しくなるためカラダの不調が顕著です

高気圧→交感神経優位→顆粒球増多

顆粒球増多は壊疽性疾患 化膿性疾患

の頻度が増します。

反対に低気圧では

副交感神経優位→リンパ球増多。

カタール性疾患、漿液性疾患の症状が起こる

そうした「気象病」の対策には

動灸温熱療法で予防しましょう!

交感神経優位(過緊張状態)

リラックするするために「任脈」「背部兪穴」に

動灸を施しましょう

副交感神経(弛緩状態)

解決するために

仙骨部、四肢に動灸をしましょう

また自律神経調整には耳の施灸がオススメ

内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるので気圧変化の情報が脳へと入り、自律神経を活性化させます。

是非 台風が近づくこの季節に

動灸温熱療法で予防しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です