TRPVのノーベル賞獲得で注目される温熱治療効果

昨年末 ノーベル医学生理学症賞を受賞した
「温度と触覚の受容体発見」の研究

米国 カリフォルニア大学
デービッド・ジュリアス教授
米国スクリプス研究所
アダム・パタプーティアン教授が発表

私たちが動灸温熱セラピーを行う上でも
とても重要な機序となるべき研究成果です

人間の皮膚細胞には
温度や熱を感受して開き
その結果 神経細胞の信号を
伝えるタンパク質(受容体)が

あることがわかりました。

つまり温熱を使い
動灸療法で皮膚をさする事で

「TRPV1」(温度で活性化する受容体)

が活性化して 神経の反応が良くなり
痛みや慢性的な疾患に対する
人体の修復機能に良い効果が得られる
という機序になります。


実施に
灸療法や温熱刺激によって
以下の科学的変化がわかっています

・サイトカインを放出する
(白血球が放出する免疫系の伝達物資)
・好中球の浸潤
・好中球の遊走性の増加
・マクロファージの貪食能活性化
・ポリモーダル受容器が活性し鎮痛作用が働く

などがわかっています。

こうした研究成果が
今後さらなる温熱療法の体への効果を
証明していくものと考えます。


近年 感染症対策が言われています。
ウィルスに負けないためにも
自己の自然免疫を高めて

病気に負けない体を作る事が大事です。

毎日 動灸温熱セラピーをする事で
免疫力、皮膚バリアーを高めて
健康を維持しましょう!

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メール” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”サイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

パニック障害のコンディションが良好になる

10月31日(日)に
今年も「ビワの葉健康法」講座を
オンラインで開講しました

ここ2年間対面での講座ができず
とても残念ですが

セラピスト養成講座も初級、中級とも
オンラインでの開催が可能になり
全国から30名以上が受講されました

その中で
埼玉県在住のFさんの体験談を掲載します

20代前半から極度の緊張から
たびたびパニック障害に陥る事がありました

心療内科にも定期的に通い
症状と上手に付き合いながら
自分の体をコントロールしています

昨年の秋
「ビワの葉温熱動灸療法に興味がある」
という連絡があり

早速初級講座を受講することになりました。

初級講座では主にセルフケアのやり方を
学んでもらいます。その方法を毎日実践し
体調の変化を実感していました。

その3ヶ月後に
すぐに中級コースの勉強がしたい
と連絡がきました。

その際に
ご自身の病気についてお話ししてくれました

講座内で行うセラピーの手技にも
そうしたメンタルを整える方法を
お伝えして 引き続き自分自身でも
実践してもらうことになりました

その方法は
井穴
を使用するセラピーです

井穴とは指先、足の爪先に
それぞれ爪の横にあるツボで

気の溢れ出る部分になります

また足裏には代表的な井穴
湧泉もあります

パニック障害を起こす病態では
胸が苦しい、呼吸が吐けない
といった問題が生じます

そうした方には親指の先にある
ツボ 少商が有効です。

通常の温熱動灸療法をしたのち
爪揉みの要領で、ツボを刺激します
刺激になれたら、自宅にある爪楊枝
などで、軽く刺激することで

体の気が整い、特に呼吸トラブルには
良い兆候をしめします。

Fさんは言われた通りに
ツボを刺激

その結果 今年一度も
心療内科には行っていない!

とてもよい回復ぶりをみせています

今回のオンライン講座にも参加してくれ
皆さんの前で体験談を話してくれました。

最近はメンタルトラブルも増えています

来年以降は中級、上級コースでも
メンタルについてのセラピーも
教えていきたいと思います。

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メール” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”サイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]