新型コロナウィルス対策に免疫力アップ

新型コロナウィルスの影響で外出自粛が続いております
皆さまのお身体の調子はいかがでしょうか?

感染予防のためには 免疫力をアップさせる事が重要です★

カラダを外敵から守るためには
体内をパトロールする免疫細胞の働きを活発にする
必要があります


その中で一番オススメなのは大椎 (だいつい)のツボです

頭を前に曲げると 首の一番隆起する部分です(第7頸椎)

そこを42〜45℃くらいの熱いお湯で3分ほどシャワーを
当てるだけで、血流が良くなり 免疫力アップにも有効です

ぜひやってみてください!

温灸器では大椎・気海・足三里・神闕・百会
オススメです。 ぜひやってみてください

免疫力アップにお灸がお勧めです

新型コロナ拡大の影響で、外出自粛など広がっています
手洗いうがいの徹底など 予防が必要です

そして何より 自分の免疫力をアップさせる事で
感染被害を抑えるためにも とても重要な手段です


先日 北海道新聞にお灸が体力アップ
免疫力向上にとても良い効果があるという
記事が掲載されました!

日本伝統鍼灸学会がお勧めするツボは
足にある【足三里】 そして手にある【合谷】
ツボです。

それぞれ体の気を整えるツボで
足三里には補中益気 合谷には益気固表
の作用があります。

また気には種類があり
足三里は営気と呼ばれ体内を滋養する働きのある気を高める
作用があります。

合谷は衛気と呼ばれる、体を防衛する気を活性化する働きがあります。



さらにおへそ下にある気海のツボを
整えると、体の元気がアップします。

培補元気の作用で原気(体の根源の気)
を高めるので、自然治癒力に大きく影響します

ぜひ温灸器を使って
毎日予防しましょう!



びわの葉動灸療法講習会はしばらく延期します。
4月5月のスケジュールは見直します。
すでにお申し込み頂いていた方にもご了解済みです

再開後のスケジュールは追ってホームページで
掲載しますのでよろしくお願いします。

ビワの葉動灸温熱療法で緑内障眼圧が正常化

今月発売のわかさ出版ムック本に
緑内障特集に 体験談 予防法の
取材掲載されました!

緑内障の眼圧調整には
首ねこ背の矯正

そして目の眼圧を下げるために
首回り、頭部のツボを刺激する事で
緑内障の症状が劇的に改善する
方がいますよ=

また動灸を使って、腕と脚の経絡をさすることで
涙の流動が活発化します!

三焦経 膀胱経 小腸経 胆経 が有効です

ぜひ悩んでいる方は
お試しください!

この記事のご質問もお待ちしております

温灸生活を始めてから体温が1度上昇した

新型肺炎ウィルスの脅威が拡大しています
みなさんくれぐれも予防につとめてください

体温を高めることで免疫力は活性化します

まずは手洗いうがいはもちろん
体を温めるようにしましょう


北広島市在住の50代女性Gさんは

膠原病を持病にもつ方でした
自己免疫疾患であるこの症状は

投薬治療以上に
普段の生活習慣が重要です


Gさんから相談を受けたのが
昨年秋

自宅で動灸器を使って
温活生活をスタートしました

手足のツボ
(血海や大衝。湧泉などに透熱灸します)

さらに三陰交(内くるぶしの上)がある
脾経のラインを下から上に擦上します

手は心包経は指先から肘に向けて擦上
三焦経は肘から指先に向けて擦上します

そして腹部は内臓に血液を集めるように
腹膜を意識して 上下左右 回転させ
血行を促進させます

最後は首筋
左鎖骨の下にはリンパ器官が存在します
また心臓から拍動した血管があるので
ここをさすることで全身の血流が
よくなります

また首筋は血圧調整や頭部の血流にも
関係があるので、置灸で短い刺激を伝えます

以上を毎日30分〜40分続けたところ
開始から2ヶ月で体温が1度上昇

体調も楽になり
血液検査の結果も良好

とても喜んでくれています!

 

東京都町田市30代女性 旦那さんの座骨神経痛が改善

東京町田市に住むGさん(30代主婦)は
昨年秋に動灸器をお求めになり

それを使ってご主人の腰のセラピーを
実践していました。

ご主人は運送業者のドライバーさんで
慢性の腰痛と年に数回 朝起きられなくなる
ようなぎっくり腰を抱えていました

昨年末 急に両足にしびれが起こり
座骨神経痛と診断されていました

足の裏まで熱くなるような痛み
スネからつま先かけてのしびれがあり

すぐにGさんから連絡があり
ご主人の症状に合わせたツボやセラピーの
やり方を伝えました。

早速その日から実践
朝、夜2回は行い
休みの日には1日4回も行っていました

効果はすぐに現れて
2週後にはしびれも痛みもなくなり
腰の具合もここ数年で一番良いコンディションに
なりました!

Gさんはとても喜んでくれました

(使ったツボ)
足の三里、委中、飛揚、八髎穴
命門、腎兪、陽陵泉など

札幌市豊平区40代女性 コールセンター勤務で嗄声を克服した体験談

声が枯れて出なくなる・・・
想像しただけで怖いですよねー

札幌市豊平区にお住いのTさん(40代女性)
はコールセンターに勤務する方でした

仕事を始めて4年目
三ヶ月前から 声が出にくくなり
時々 声枯れするようになりました

ある日
突然 声が出せなくなり
病院に行き診断を受けたところ

「嗄声(させい)」
と診断されました

声のトーンによっては
でない音が起こります

声の使いすぎや、無理な発声のために
声帯に小さいなイボや突出物が出来ます
「声帯結節」(せいたいけっせつ)
が邪魔をして声が出しにくくなります

また自律神経の迷走神経(反回神経)に
問題が起こると、声帯を動かすことが
難しくなります


彼女が相談に来た時に
喉の周辺のツボ(人迎、天窓など)
手の大腸・肺・心・小腸 経絡を
使って動灸をしていきます

最後は迷走神経をつなぐために
背骨ライン(督脈)を
温めて、自律神経にも刺激します

最初の施術で
声が出しやすくなり

2回目(5日後)の施術では
ほとんど症状がよくなりました!

今は仕事にも復帰しています
Tさんの嗄声は自律神経が
関係していたのかもしれません!

同じような症状で悩む方は
お気軽にご相談ください

千歳市20代女性 生理痛が快方

動灸温熱療法を受けて
女性の生理痛が楽になるケースは
とても多いです。

ポイントになる経絡は
脾経肝経

そこを下から上に動かすことで
経絡のバランスが整い
出血や腹部の痛み。倦怠感が
緩和されます

特に三陰交と呼ばれるツボは
女性の病気にとても良いので
オススメです

先日も20代女性Fさんが来院され
生理痛のご相談を受けました

下腹部に刺すような痛みがあり
とても辛そうでした

症状に合わせて 使う経絡や
ツボは変わりますが

約15分のセラピーを受けてもらった後
顔色も良くなり

お腹の痛みも緩和しました

これまで生理痛の時には会社を休んでいたFさん
今後は毎月メンテナンスして
体調管理につとめるそうです!

よかったです

 

札幌西区40代女性 眼精疲労にビワの葉温灸

眼精疲労の悩みにはビワの葉温灸

私のオフィにも 疲れ目や視力低下の悩みを
相談に来る方がたくさんいます

ビワの葉温灸を使い、目の周辺のツボ
首の付け根 そして手足のツボを刺激することで
目の疲労が回復します

先日も 札幌西区在住のシステムエンジニア(40代女性)
が眼精疲労の相談にきました

セラピーを行う前には
目が赤く充血しており とても辛そうでした

約15分間 セラピーをした後
目がスッキリしたようで

とても喜んでくれました

これから残業が続くようで
毎週通いたいと 話していました!

目の温灸は
現代人の 目のトラブルにぴったりの健康法です

札幌市東区丘珠 60代耳鳴りの体験談

ビワの葉動灸温熱療法の初級講座に参加
されたBさんが

耳鳴りで悩むお姉さんの相談で一緒にきました

なんでも高い音と低い音が交互に鳴り響き

椅子から立ち上がると 強くなる!?

など 症状も多岐に渡っています

お姉さんの身体は
肝経が虚していましたので

その母である腎経のツボを使って
温灸をします。

施術後 耳鳴りは無くなり
とても喜んでくれました。

経絡を使った動灸療法は
上級コースで指導しています。

ぜひ興味のある方は上級まで
受講してみてくださいね=

 

 

札幌市西区在住 50代女性 甲状腺機能低下症から快方

日本人女性に多いのが甲状腺機能低下症です
以前は「橋本病」と言われ 難病指定されていた時期も
ありました

最近ではストレスやホルモンバランスの崩れによって
若い女性の間にも広がっています。

声枯れ、首から上が火照る(ホットフラッシュ)、やる気が湧かない
血圧、血糖値の変動。皮膚のトラブルなど

その症状は多岐にわたります

札幌西区在住のHさんは 数年前から
甲状腺機能低下症に悩まされており
専門院でホルモン療法などを続けていました

知り合いからのご紹介で
自然療法を試してみたいと言われ

ビワの葉温灸療法を受けることになりました

喉の脈打つ部分 人迎 というツボ中心に
首や頭部。腹部や背中のツボに温灸をします

また養生として「気がのぼっている」体質を
整えるため、呼吸法や食事などにも気をつけて
もらいました。

週に2回セラピーを受けていただき
約三ヶ月が経過したころ
ホットフラッシュや首の肌荒れなどが無くなり
症状の変化を感じました!

今年の春に 病院の定期検査を受診
健康診断の数値が正常になり

とても喜んでくれました!